知っておきたい!ヒゲが似合う、似合わない特徴的な顔立ちとは?

ヒゲが似合う人・似合わない人の特徴

 

脱毛を検討する

 

ヒゲは全てが悪ではなく、ヒゲを伸ばすことで魅力的なルックスを手に入れられる人もいます。
体毛に比べると、ヒゲはムダ毛という表現をされることが少ないです。
自分がヒゲを伸ばした時に似合うのかを見極めて脱毛するか検討しましょう。

 

ヒゲが似合う条件

 

まずは、ヒゲを伸ばした時に綺麗に生えるかがポイントになります。
数ミリ程度の長さでも、肌の色が見えないくらい濃くなることが望ましいです。
太さよりも本数の多さが重要で、剃った後に青髭になる人でも、伸ばすとまだらに生えてしまう人がいます。
アゴや鼻下の毛が綺麗に生える人は、ヒゲを伸ばす適正が高いです。
ヒゲは無造作に生やすのではなく、デザインをしながら生やすことも大切です。
処理しなくてもアゴだけ綺麗に生える人もいますし、一部分を剃ってデザインしないと綺麗に生えない人もいます。
処理した部分が青ヒゲになると見栄えが悪いので、不要な部分の毛を綺麗に処理できない人はデザイン脱毛をすると良いでしょう。

 

 

チェックポイント外人顔

 

ヒゲの似合う男性

 

日本人は外国人に比べてヒゲが似合わない人種です。
外人顔でホリが深くて顔が濃い人はヒゲが似合います。
逆に日本人特有の鼻が低くて平べったい顔をしている人はヒゲが似合いません。
全体的に眉毛が濃くて、目に輝きがある人はヒゲを生やした時のバランスが良いです。

 

 

チェックポイント色黒

 

ヒゲの似合う特徴の男性

 

外人は色白でもヒゲの似合う人がいますが、地毛が真っ黒ではないため、白い肌と似合います。
髪の毛は染めることができますが、ヒゲを染めると不自然に見られてしまいます。
黒い毛質を持っている日本人は、色黒の肌をしていた方がヒゲが似合います。
ヒゲはワイルドな人に似あうので、肌の色が白いとヒゲを生やしてもワイルドさがでなくてアンバランスになってしまいます。

 

 

 

ヒゲが似合わない人の特徴

 

ヒゲが似合う条件で紹介した、伸ばした時に綺麗に生える、外人顔、色黒の条件と反対の人はヒゲが似合いません。
このほかにもヒゲの似合わない人の特徴には以下の共通点があります。

 

デメリット

  • 中性的(女性っぽい)
  • ガリガリ
  • 低身長
  • 体育会系ではなく肥満

 

「ヒゲが似合う条件=ワイルド」なので、ワイルドとは真逆の特徴を持っている人はヒゲが似合わない人が多いです。

 

チェックポイント長髪+ヒゲは難易度が高い

 

ヒゲは短髪の方が似合いやすいです。極論を言えばスキンヘッドもヒゲとよく似あう髪型です。
長髪全員ヒゲが似合わないとは言えませんが、短髪よりもハードルが高くなり、顔のパーツが整っているごく一部の人しか似あいません。
ヒゲを伸ばしたいのであれば、短髪と組み合わせた方が無難です。

 

悪評でなくてもヒゲのない方が周囲からの反応は良い

女性からの反応がいい

 

ヒゲを伸ばす前と伸ばした状態の写真を比べた時に、ヒゲがあった方がいいと評価される人はごく一部です。
ヒゲが似合っていると周囲に褒められるような人でも、綺麗に剃るとそっちの方がいいと評価されることが多いです。
つまり、ヒゲが似合わない人は、ヒゲを伸ばすことで大きく評価を下げますが、ヒゲが似合う人は顔のパーツが良いのでヒゲの有無はあまり関係なく、何をしてもイケメンです。
例外として、青ヒゲなど綺麗に処理できない人は、処理しても汚い状態を見せるよりも、伸ばした方が不潔感が目立たなくなります。
脱毛して綺麗でツルツルの状態になれば、ヒゲのあった方が似合っていたと言われることはほとんどありません。